古閑美保さんの子供は最強の野球選手になる⁉︎

元プロゴルファーの古閑美保さん。

日本女子プロゴルフツアーで賞金女王にも輝いた事もある名プレーヤーでしたが、小学生の頃は男子の野球チームにまじってエースで4番を任される程の逸材でした。

プロゴルファーの小平智選手と結婚された古閑美保さんですが、子供が産まれたとしたら、やはりお子様は、プロのスポーツ選手を目指すのでしょうね。

おそらく目指すは、プロ野球選手なのではないかと察するところです。

古閑美保さんに子供ができたら目指すはプロ野球選手?

古閑美保さん。

この方の経歴や発言の中に、「野球」への「未練」というか「想い」が感じ取れると思うのは私だけでしょうか。

古閑美保さんの小学生当時の目標は甲子園に出場してプロ野球選手になる事でした。

しかし、

それは、皆さんも分かるとおりの世の中の仕組みがありまして、女性がNPBで活躍することは不可能に近いということで。

プロはプロでもゴルフのプロになられました。

ゴルフをしている方なら知っていると思いますが、きっかけは『坂田塾』の塾生募集でした。

日本女子ツアーで賞金女王にもなりましたが、ツアーからは撤退しています。

左手首の不調がツアーからの撤退の理由になっています。

本当のところは分かりませんが、これは、古閑美保さんが、彼女のお父さんの夢を叶えてあげたいという想いからの決断だったのかもしれません。

古閑美保さんのお父さんが、子供が男子だったなら息子をプロ野球選手にしたかったという想いを、女に生まれた古閑美保さん自身がひしひしと感じていたのではないでしょうか。(いや、女子でありながらもプロ野球に送り込もうと頑張っていたようです。)

父親の夢を叶えてあげたい、そのためには、今自分がが引退して、男の子を授かり、

父に夢の続きを見させてあげたいと考えたのだと想像してみたら、なんて親思いの素敵なお嬢さんなんでしょう。

私の妄想に過ぎません。

将来のスーパースターの出現を夢見て古閑美保さんに日本プロ野球界の将来を託す

週刊誌やワイドショー的な見方ではなく、スポーツ好き、野球好きとして、古閑さんの恋愛を我々は応援していました。

彼女はプロ野球選手と結婚するのだろうと勝手に思っていましたがプロゴルファーを旦那様にお選びになりました。(2017年3月のことです。)

とはいえ、旦那様の小平智プロも、国内メジャー2賞(日本オープン、日本シリーズ)。

そして、日本人では数えるほどしかいないアメリカのプロゴルフツアーでの優勝経験者です。

プロ野球選手ではありませんが、小平智選手もスーパーアスリートには違いありません。

古閑美保さん、小平智プロ、この二人のDNAを受け継いだお子様は、いったいどんなことになるのやら。

どんな道に進もうが、お子様の自由ですが、たとへば野球の道に進むなら、

近い将来、ゴジラ松井秀樹選手やイチロー選手や大谷翔平選手を超えるような大選手が誕生する確率は、一般人家庭からより期待できるでしょう。

ちなみに、古閑美保さんの甥っ子さんはボクシングに取り組んでおられるそうです。いずれ頭角を表してくるかも知れません。

日本では有名女子スポーツ選手の子供さんで、母を超える程大成したというスポーツ選手の話は耳にしません。(父親の場合は幾つもありますが)

ざっと調べてみても、テニスプレーヤーの沢松和子さん沢松奈生子さん親子ぐらいです。
女子レスリングの山本美憂選手の息子さんが現在、母を越えるべく練習に精進しているようですが、大成して欲しいですね。

その可能性は、大です。

一流プレーヤー2人の子供が一流になるとは限らない

最近、「ゴルドンの統計学」というものを聞きかじりました。

身長の高い男女の間に生まれた人の身長は、両親より低い傾向があり、
身長の低い男女の間に生まれた人の身長は、両親より高い傾向がある。
どちらの状況で生まれた人の身長も、全体の平均身長に向かう。

と、いう統計があるそうです。

身長に限らず、他の分野でもそれは当てはまるそうです。

平均への回帰 wiki

と、言うことは名プレーヤーのカップルの子供が、名プレーヤーにはなれるかもしれないが、両親の業績を超えることは、それなりに、努力が必要なのかもしれませんね。

しかし、凡人よりは、才能があるに違いありません。

現在の古閑美保さんの活動

古閑美保さんの現在の活動は、

2021年10月現在、

日本チャレンジゴルフツアー協会(JCG)という団体の

『ジュニア育成基金アンバサダー』

に、就任されました。

ジュニア育成を前々からやってみたかったそうです。

古閑美保さんって愛情深そうなキャラクターなので、ジュニア育成に向いている気がします。

ますますお忙しくなりそうです。

となると、小平智プロと古閑美保さんの最強のDNAを受け継いだスーパースターの誕生日は、まだ先になりそうですね。

って、余計なお世話か!

すいませんでした。

関連記事(野球)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする