亀は百均の容器の中で紫外線を浴びるの巻

近所の川で見かける野生の亀は暖かい日は一日中テトラポットの上で甲羅干しをしています。

甲羅干しは、紫外線を浴びて、強い甲羅を作るのに亀にとっては欠かせないのですが、屋内飼育で、紫外線ライトも無いとなると、亀に日光を直接当てるのはなかなか手間がかかります。

スポンサーリンク

クサガメ、イシガメ、ミドリガメなどの水棲亀には紫外線の日光浴が必要です。

ウチの亀もやっと、環境に慣れたのか、最近やっと、亀の浮島に一定時間上がって甲羅干しをしてくれるようになりました。

前までは、浮島の上にエサを置いて誘いをかけても、よっこいしょと登ってきて、エサをくわえると瞬く間に水中へ戻っていました。

浮島の上の温度が30℃になるようにレフ球の距離を調節していたのですが、どうせ上がって来ないんだからと、思い切ってレフ球をもっと浮島に近づけてみました。

35℃を超えています。大丈夫か、これ?

するとどうでしょう、気がつくと浮島に上がっているではないですか!

それも、気持ちのいい位置取りを自分で微妙に動いて調節しています。

背中焼けちゃうんじゃないのか?

チョット心配です。

紫外線UVBをどうやって浴びて頂くか?

甲羅干しをしてくれるようになったウチの亀ですが、なんせレフ球だけしかないもので、紫外線(特に体内でビタミンD3を作るのに必要な紫外線UVB)を浴びさせてあげられません。

毎朝家を出る前に、水替えをするのですが、その間の10分程度、朝日に当てているのですが、これがなかなか…。

IMG_0324-1

太陽の入射角のあるので、このような深い容器だと紫外線が透過せず、UVBが直接あたりません。

反射してある程度当たってはいるらしいのですが、なにせ時間が短いので…。

百均で購入した容器でカメを日光浴させてみる

それで最初に考えたのはこの100円ショップで買った容器。

IMG_0323

これで浅い入射角の朝日でも浴びさせてあげられると思いました。

最初の数日はよかったのですが、ある時ふと目をそらしてる間に、「いない!」脱走されました!

何百回に一回爪が上手くかかると逃げられてしまいます。

これではダメだと、次も100円ショップで買ったこれ

IMG_0321

前よりほんの少し深い。それにメッシュ状なので亀が光があたりやすい。

しかし、また軽々と脱走。

亀がこの2カ月でだいぶ成長しているのに気づきました。

それで、またまた100均のこの容器。

IMG_0317

これに亀を移して斜めに差し込む朝日を当てます。

メッシュに前足、後ろ足をかけて脱走に挑戦してはひっくり返っています。

なんだか虐待みたいですが、我慢してくれ。

これから暑い季節が近ずいてきたので、紫外線の浴びせ方も注意が必要です。

この容器でもそのうち脱走されそうです。

FullSizeRender

追記:

結局、最近は、飼育ケースの水を抜いた後、飼育ケースごとベランダに持って行って太陽光をカメに当てています。

それも週一回。私の休日の日だけです。 冬は紫外線なしです。レフライトによるバスキングだけでカメは元気にしています。

多少、甲羅がデコボコしているように見えなくはないですが…。

カメの紫外線ライトの価格の詳細【楽天】

100均には、水替えポンプの代用品、手動灯油ポンプも売っています。

関連記事
カメ水槽の水替えに100均の手動灯油ポンプを使ってみた

亀とバスキングライトの距離を調節しましょう

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする