カメにとっては、まだ寒さが残る季節にヒーターを購入

子亀を冬眠させるのは、かなり難しいことです。人間の生活環境のなかで冬眠させるには子供のカメにとっても、飼っている人間にとっても不安が残ります。

冬眠させることは、カメがある程度成長してからすることにして、カメが子供のうちはヒーターとバスキングライトを使って冬眠させずに飼育するのが無難だと思います。

↓のお話は、私が小学生時代ぶりにカメを購入した時に、一緒にヒーターを購入した時の様子です。

スポンサーリンク

カメの子供と一緒にヒーターを購入しました。

熱帯魚店の面接試験にパスして、やっとカメを入手。ついでにヒーターも

店長さんがお店の裏に行って子ガメを持ってきていただきました。

前回までのあらすじ
クサガメの子供を購入するために熱帯魚店を探して歩いた結果

3月下旬という事で、まだヒーターが必要だと店長さんからアドバイスをいただきました。

お店にはカメ専用ヒーターは置いてなかったのですが、店長さん曰く、パッケージが違うだけで中身は同じモノという事でした。

もうここでヒーターを買わないという拒否権はなく、一度、価格を聞いた後で、財布の中身で足りる事を確認してから、ヒーターもカメのエサと一緒に買わせて頂きました。

ヒーターを買った事は結果的に正解でした。

最初は3月も終わりなのだから、ヒーターは要らないと思っていたのですが、この時期でもやっぱり夜は寒い。

ヒーター無しでは、子ガメにはちょっと厳しかったかもしれません。

小学生のころ何度かカメを飼育しましたが、気がつくとカメのいない生活に戻っていたのは、このヒーターという発想がなかったからなのだと今さらながら思った次第です。

飼い始めてから1週間の間、カメはいつもヒーターの上に乗っていました。

ヒーター本体の一部が水面よりも上に出てしまうと、まさに《オーバーヒート》して故障の原因になり、カメを死なせてしまいかねないので、水槽(CDケース)の水位を予定より深めの8センチ程度にしました。

カメは息継ぎが楽に出来るようにヒーターの上に乗っていたのかもしれません。

しかし不思議なのですが、このカメさん、自分から隙間状の所に挟まりに行くんですよね。
楽なんでしょうか?

狭い所に挟まりながら、表情?は余裕ぶっこいてます。

留守中に挟まって動けなくなって死なせてしまいそうで、最初はハラハラしてました。

まだまだ要注意です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする