浸水した地下室の復旧に家庭用の小型排水ポンプを常備すべし

水中ポンプ

自宅に地下室があるお家、羨ましい限りです。音楽スタジオやトレーニングジム、大切な思い出を仕舞うための倉庫など、夢を叶えた人の大切な場所になっていると思います。

そんな、大切な地下室が、近頃頻発するゲリラ豪雨で浸水してしまったら大変なことです。そんな事態に対して今から準備はしておくべきでしょう。

家庭用の小型排水ポンプなどの排水グッズを準備しておくことで少しでも被害を抑えることは重要ですよね。

スポンサーリンク

雨水の地下室への浸水は最大危険信号と同じ

地球温暖化の影響でしょうか、近頃のゲリラ豪雨の猛威は、私達の普段の雨に対する感覚を超えて襲ってきます。

「我が家は、地形的に大丈夫だ。」と安心して、万が一の準備を怠っていけません。

あなたのお家には、大事な物を保管している地下室はありますか?友人と楽器の音を思う存分鳴らせる地下スタジオをお持ちですか?

もしあなたのお家の地下室に雨水が押し寄せてきたなら、それは日本の進んだ治水能力の限界を超えたと言い換えてもいい程の出来事ですので、決して無理はしてはいけません。家族の安全が大事です。

雨水の地下室への浸水、流入が始まると、瞬く間に室内の水位が上がり、ドアの開閉さえ困難になります。電源も使用出来なくなるの可能性もありますので、そうなれば、復旧のための地下室の配水のためのポンプ施設さえ機能しなくなってしまいます。

身の安全を確保した上で出来る事

天候の情報には十分気をつけながら、氾濫した雨水が引いてきたなら、地下室に曲がれ込んだ雨水をいち早く排水して、出来るだけ早く元の生活に戻りたいものです。 

浸水してしまった地下のポンプ施設は作動するかどうか分かりませんので、万一の為に、もうひとつ、家庭用の小型水中ポンプを地上に常備保管しておくと良いでしょう。

家庭用水中ポンプ【楽天市場】

ホースとポンプの接続

排水作業に忘れてはいけないのは、ポンプに接続するホースです。 水中ポンプのホース接続部には直径に種類があります。 15、19、25、32、40、50ミリなど 機種によって違いがありますから、購入する時は確認が必要です。

水中ポンプには通常、何種類かのホースの直径に対応出来るように、アタッチメント(通称タケノコ)が付属されていますので、対応は可能ですが、注意しましょう。

水中ポンプに接続するホース【楽天市場】

 関連記事
ユニットバスの便座にシャワートイレを取り付け!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする