トイレの踏み台『トイレステップ』を使ってみた感想

洋式便器の足元に置いて使う、トイレの踏み台『トイレステップ』を買って使っています。

その使用感を私の感想として書き残します。

良いと思う点、ここはイマイチと思う点、あなたの参考になれば幸いです。

この記事で分かることは、

  • トイレステップの値段について
  • 通信販売の梱包状態
  • トイレに置いた時の状態
  • 座った時の感覚
  • 排便したときの感覚
  • トイレステップの効果
  • デメリット

などです。

スポンサーリンク

トイレの踏み台『トイレステップ』を使ってみた感想は?

トイレステップを使ってみて思うことは、

洋式トイレに、ただ座って排便するよりも確実に

踏ん張りが効く!

ということです。

といっても、力いっぱい息むという意味ではありません。

洋式トイレにただ座ってするときよりも、踏ん張り力が伝わりやすい。

ようするに、同じ力でふんばったとしたら、トイレステップに乗ってしたほうが、

出し切った感

が感じられるのです。

トイレステップの価格は

私は、ヤフーショッピングでティーポイントを使って買ったのですが、支払った金額は

1,380円

送料は無料でした。

有名な本家?のスクワティポティー(Squatty Potty)は、最安値でも2,051円+送料なので、それと比べたらずいぶんと安いです。

トイレステップをネットで購入するとけっこう大きく感じる

私はヤフーショッピングでティーポイントを使って購入しました。

いつものように佐川急便で届きます。

箱は意外にでかい。

トイレステップの梱包

そりゃそうです。大人も乗って使うものですから。

箱を開けてみると、プチプチにもくるまっていない。

新聞紙などの緩衝材も入っていない。

ビニールに軽く包まれたトイレステップだけが入っているという、なんとも潔い梱包です。

気に入った!

トイレステップの箱を開けた状態

『トイレステップ』を実際に洋式トイレの下に置いてみた

トイレステップ

狭いユニットバスの洋式トイレにトイレステップを置いてみました。

狭いフロア部分が、もっと狭くなってしまいました。

だから何だってんだ。

快便の爽快感には代えられません。

トイレステップを設置してトイレに座った感想

トイレステップを設置した洋式トイレに座ってみると、明らかに「出しやすそう」な感じがあります。

昔、小学校の時の担任の先生がよく使っていた言葉『ウンチングスタイル』に限りなく近づくからです。

そして、トイレの便座にお尻の皮膚があて、深く座り込んでいくと、

お尻の皮膚が便座に引っ張られて、肛門が引っ張られます。

もっとぎゅっと座り込むと肛門が固い人は、裂けそうになるかもしれません。

でも、軽く肛門が引っ張られた状態で排便するのは、衛生的な感じがします。

トイレステップの効果

あなたは、洋式派ですか?それとも和式派ですか?

シャワートイレが一般化した現在の日本では、和式トイレを使う機会が少なくなっていますが、実家が新築する前までは和式トイレだった私には、しゃがみこんで排便する快便差は私の脳に記憶されていました。

それで、ついこの前まで、

洋式トイレの上に野球のキャッチャーのように足で乗っかって、和式トイレのようにして排便していました。

こうすると、出きった感があるのでした。

でも、いつか便座のプラスチックが壊れてしまうなと思いながら用をしていました。

便器自体も壊れそうな気がしたので、今回、引っ越しを契機に『トイレステップ』を購入することになったわけです。

トイレステップは、和式トイレほどではないにしても、かなり和式トイレに近い感覚で排便できます。

関連記事
和式トイレのメリットは多い!

トイレステップのデメリット

そんな効果的な、単なる踏み台のトイレステップですが、デメリットもあります。

と考えてみましたが、デメリットはそんなにありませんでした。

あるとすれば、

  • フロアが狭くなる
  • 用を足した後に立ち上がる時、めちゃくちゃ背が高くなる!

私は身長がノッポなので、トイレステップに乗って立ち上がるとユニットバスの部屋の天井に頭がついてしまいます。

だから、お尻を拭いた後、トイレステップから足を下ろしてから立ち上がります。

いかがでしたか、快便は人生を、今日1日を爽快にしてくれます。

関連記事
ユニットバスにシャワートイレは取り付けできるの?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする