ドンキホーテの安い腕時計を長年使ってみた感想

ドンキホーテの安い腕時計を購入しようと考えている方に向けて、

ドンキホーテ格安時計愛好歴十数年の私からのレビューです。

スポンサーリンク

私が毎回好んで購入しているのは1200〜2000円のアナログの安い金属製の腕時計です。

デジタルで、G-SHOCKまがいの外観がプラスチックのタイプは1000円以下もありました。

私が愛用しているのは、ビジネスシーンでもつけていて大丈夫そうな金属製の腕時計です。

偉いお客様との会議で面と向かうときなどは、

付けている腕時計のグレードをチェックしているお客もいますから、激安時計もTPOが必要かもしれません。

私は気にしませんが。(笑)

安いから壊れたり、失くしても、爽やかに諦められる

ドンキホーテの格安時計なら、その価格から、壊れたり、どこかに紛失してしまっても、それほど心に深いキズを負いません。

「しょうがない。また買うか。」

と思える値段です。

これが、オメガやロレックスなら、そうはいきませんよね。

たとえ戻ってくる見込みがなくても交番に行ったり、鉄道の落とし物係に電話してしまうでしょう。

とはいえ、安くても、物は大切にしましょう。

腕時計はつけない派だが、どうしても1日だけ必要な時にドンキに駆け込め!

腕時計は絶対に付けないというポリシーを持った人でも、腕時計が必要な時があります。

アルバイトで、いちいちポケットからスマホを出して時間を確認するわけにもいきません。

「あいつ、仕事中にスマホばっかりみやがって…。」

と誤解されるような現場では、腕時計をしなければいけない時も。

そんな時はドンキホーテへGO!

ドンキホーテの安い腕時計を買う時の注意点

ドンキホーテの安い腕時計。

安いのには、それなりの…。

選ぶ際には注意が必要です。

特に1000円代前半の商品には。

文字盤がズレていないかしっかりチェックしよう。

私の過去の失敗です。

ドンキの1000円代前半の腕時計には、

文字盤が微妙にズレているモノがあります。

12時00分、6時30分に時計の針が来た時、文字盤の印が

真上、真下に来ずにズレているモノがあるので、よく見てチェックしてから書いましょう。

秒針がピタッと真下にきたの6時にピタッと合わないのは気持ち悪いモノです。

今回買ったのも、12時に秒針がピタッと合わない。

しかし、よく考えてみると、秒針は少しでも斜め横から見ると印とピタッと合って見えないモノだ。

だから、そんなに気にする必要もないだろう。

セイコーウォッチ株式会社って、あの有名なセイコーのこと?

今回買った1990円(税別)のメーカーは、

『セイコーウォッチ株式会社』とパッケージに書いてあります。

値段からして、

あの有名な『SEIKO』の「セイコー」なのか?

怪し過ぎる…。

で、調べてみました。

なんと、本当の『セイコー』でした。

保証書も入っています。

『CITIZEN』という格安腕時計も、私の買ったセイコーの時計の左の左に陳列されていました。

『CITIZEN』。

シチゼン???

あの『シチズン』なのか?

スペルは合ってんのか?

昭和の頃に見かけた「adidas」の紛い物の「adidos」や「adidos」と同じようなシロモノじゃないのか?

これも確かめてみました。

陳列されていた安ーい『シチズン』も本物の『CITIZEN』でした。

そりゃそうですよね。

雑多なイメージのある「ドンキホーテ」ですが、

いくらなんでも、偽物や本物と勘違いされるような商品を陳列するわけがありません。

格安腕時計を選ぶ時の注意点

格安腕時計と言っても、いろんなデザインの種類がありますので、

なんでもいいと考えずに、ちゃんと吟味して選ぶべきです。

あまり考えずに買うと、私のように、あー失敗したー!

という事になってしまいます。

文字盤と時計の針の色の組み合わせに注意する

今回、私は白い文字盤に金色の針のモノをあまり考えもせずに購入したのですが、

老眼のわたしには、

金色の針が太陽光で反射すると光って見えにくいということが分かりました。

好みの問題ですが、文字盤と針は、コントラストがはっきしているほうがいい気がします。

パーツにゴールドが入っていると、品がなくなる。

もう、文字盤の雰囲気だけで手にとってしまったセイコーの格安時計。

私はベルトのパーツまで目が行きませんでした。

10年くらいの間に数本のドンキホーテ格安腕時計を使っていますが、

ベルトの部分にゴールドのパーツが入っているのを買ったのは今回が初めてです。

腕にはめてみると、

なんだか、品がない感じがあります。

個人的感想ですが、チャラいというか、ニセ成金というか…。

エグゼな感じを出すなら、シルバーだけのパーツのほうが、出来る男っぽいと思います。

ゴールドが少しはいると、スーツで決める男というより、

サラリーマン以外の職業の人に似合う腕時計。

という感じがします。

長年ドンキホーテの格安時計を使って経験したこと

ここでハッキリしておきたいことは、

私はドンキの格安腕時計を好んでいるという事実です。

それを前提にです。

今まで経験した事を書きます。

通勤中にベルトが外れて、そのまま失くした。

私の不注意ですが、通勤中に腕時計のベルトが外れて失くしました。

自業自得ですが、ワイヤレスヘッドホンをしていて、アスファルトの上に時計が落ちた時の「カチャッ」という音に気付きませんでした。

とはいえ、高価な時計で、簡単にベルトが外れることはないと思います。

激安時計は比較的、ベルトが無意識に外れ安い。

といえそうです。

突然リューズがポロッと、とれた。

安物と分かっているので、ついつい扱いが荒くなってしまうのも原因ですが、

突然にリューズがポロッと取れたことがあります。

手を洗う時などに、水に何度も濡れていたのが原因かだと思います。

高価な時計なら、濡れないように気をつけるでしょうが…。

後から買った腕時計のほうが先に動かなくなった。

長年、ドンキホーテの激安腕時計を愛用しています。

失くしたと思って新しいドンキ腕時計を買ったら、失くしたとおもっていた時計が見つかったことがあります。

その時は、ドンキ腕時計の「2本もち」状態だった訳ですが、

後から購入したほうのドンキ腕時計のほうが先に止まってしまった。

後から買った腕時計のほうが先になり電池切れ???

(あまり使用していませんでした。)

ってあるのでしょうか?

という経験者もあります。

以上のことを踏まえて

私のドンキホーテの激安時計の評価は、80点というところです。

関連記事
ドンキホーテのいちばん安いワイヤレスマウスの使い心地は?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする