クサガメの子供を購入するために熱帯魚店を探して歩いた結果

子供の頃、亀を買っていたのですが当時は十分な知識がなく気がつくと亀のいない生活に戻っていました。

今回こそは、カメを何十年も育てていくぞと誓いをたてて、クサガメの子供を取り扱うお店を探してみました。

スポンサーリンク

3月にはクサガメの子供(ゼニガメ)は、お店にいない?

クサガメの子供を購入するために地元沿線のペットショップや熱帯魚店を数店探して訪ねてみましたが、季節柄かクサガメを取り扱っている、店がなかなかありませんでした。

その日最後に立ち寄った熱帯魚店。

個人営業のこじんまりとした熱帯魚店って、なんだかドアを開けづらい雰囲気を感じます。
店のドアの前に立った時、『見るだけでも歓迎』とでもドアに貼ってあったら入りやすいんですが…。

とにかく、目的はクサガメの購入なので、ガラガラチリリンとドアを開けた。

ペットを購入するには、店主の面接にパスする必要があるようです

熱帯魚店などこんな時でもないと入らないので、いろんな魚の泳ぐ姿を水族館代わりに見物します。

水槽にはクサガメは見当たりません。

店内をひと通り見物し、 カメを探して回った後、店主の親父さんに聞いてみた。

私:「クサガメの子供はいませんか?」

店主:「カメですか」

見ると、レジ横のテーブルの上に、小さなCDケースには入った三匹のクサガメの子供。

900円と値札が付いています。

おお!いるじゃないですか!

私:「購入できますか?」

店主:「まだ、エサの喰いが悪いんでねぇ」

私:(えっ?値札が付いているじゃないですか)「購入出来ないんですか?」

店主:「あと1週間位かかりますね。」

お店を出た後で思いました。

私は店主の親父さんの面接試験にパスしなかったようです。

店主親父さんの頭の中:(コイツに売っても直ぐに死なせてしまう確率100%!ゆえに売らないこと決定!)

まあ、本当にカメを何十年も飼い続ける覚悟があるのかを振り返るきっかけだと思うことにしました。

翌週、別の路線沿線の熱帯魚店とペットショップを3店ほど探して覗いて見ましたが、3店ともクサガメは扱っていませんでした。

最後に訪れた熱帯魚店で、店内をひと回りした後、店主に尋ねてみました。

私:「クサガメの子供は扱っていないんですか?」

店主:「ミドリガメならいますよ。」

私:「ミドリガメですか…」

店主:「今、季節じゃないんですよね。」

私:「そうなんですか…」

ここで諦め、店内の熱帯魚を鑑賞していました。

すると、店主が「日本のカメが欲しいんですか?裏が問屋なので聞いてみますね。」

ここでも飼い主としての面接試験があったようです。

店主:「クサガメいますよ。ちょっと待ってて下さい。」

と言って店の裏へは入っていった。

私の背中が余程残念そうに見えたのか、熱帯魚を見る姿が動物好きに見えたのかは分かりませんが、なんとか面接試験にパスしたようです。

直ぐに店を出て行ってたら、そのまま帰宅ということになっていたでしょう。

店主の方はナイスな人で、いろいろ教えて頂きました。

まだ3月後半という事でヒーターは絶対必要と聞いてクサガメの子供、ヒーター、テトラレプトミンというカメのエサを買って帰えりました。

ここで分かった事は、ペットを買う時は、先に知識を頭に入れた上で、永遠に飼い続けるという意思を持って、お店に向かい、面接を受けるつもりでお店に入りましょう。

という事でしょうか。

今、思えば購入するまで時間がかかって良かったと思います。

追記)2018年3月現在、亀は3倍の大きさを軽く超え、元気に育っています。

大きくなりすぎて心配になる程です。(笑)

関連記事
●カメにとっては、まだ寒さが残る季節にヒーターを購入
●亀は百均の容器の中で紫外線を浴びるの巻

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする