横向きの親知らずの虫歯を防ぐためのに歯ブラシを作る!

歯ブラシ おすすめ 改良1

親知らずが奥歯に向かうように、横向きに生えていると、どうしても歯ブラシの届かない空間ができてしまいます。

食べ物が挟まって取れなかったり、虫歯の原因になってしまいます。

この空間をなんとかして掃除するためのオリジナル歯ブラシを作ってみましょう。

スポンサーリンク

奥歯と親知らずの間にモノが挟まりませんか?

あなたは、親知らずを維持させていますか?

親知らずが、他の奥歯と同じように、上に向かって正常に生えてくれれば、何の問題もありません。

しかし、親知らずが隣の奥歯に向かって押すように生えている場合、何かと厄介です。あなたの親知らずは、どのようになっていますか?

隣の奥歯を押すように生えている親知らずは、抜いてしまうのが良いとされています。

歳をとってくると、親知らずが奥歯を押して、綺麗に並んでいた前歯まで影響されて、ずれてしまう事があります。

なので、本当は抜歯してしまうのが良いのでしょうね。

私も、恥ずかしながら「歯の矯正」なんて発想が全くなかったので、若い頃は普通に並んでいた下の歯列の、特に前歯の並びがズレてしまいました。

下の前歯の一本が前方に出てしまい、「サシスセソ」をいう時に、上の前歯とカチカチ当たって喋りにくくなってしまいました。

こんなことにならないように、あなたは気をつけて下さいね。

そうは言っても抜歯は怖すぎる

横向きの親知らずは、抜いたほうがいいのは分かってはいるけれど…。

やっぱり怖いじゃぁないですか。小心者の私は怖くて怖くて踏み切れません。

そこで、奥歯も親知らずも虫歯にならないように、食べかすが挟まったままにならないように、普通の歯ブラシでは届かないポケットに入り込む、改造歯ブラシを私は愛用しています。

親知らず用歯ブラシの作り方

用意する物

・替え時の歯ブラシ
・ペンチ

オリジナル歯ブラシ改造の手順

歯ブラシの手前の毛を抜いていく。

歯ブラシの毛は、なかなか抜けません。良いメーカーの歯ブラシほど、ガッチリと穴に埋め込まれています。

ペンチで挟んで縦に抜こうとしても、なかなか抜けませんが、ペンチでブラシの毛を挟んでから、毛を寝かせるように、テコの原理を応用して、ペンチをグルッと回してやると、毛が気持ちよく抜けてきます。

そして、お好みにより、歯ブラシの先端の1列分か、2列分だけ残します。

自分の親知らずと奥歯のポケットの幅で、上手くブラシが入るように仕上げましょう。

使用時の注意

歯の間の溝に、ブラシを入れて、あまりに激しく動かすと、歯茎を傷つけてしまいます。

傷にばい菌が入ると歯茎を腫らしてしまうので気をつけましょう。

でも、やってしまうんですよね、ゴシゴシ、ガジガジって…。

改造歯ブラシ

親知らずのポケットは口臭の原因にもなっています。

私は、職場では残念ながら、昼食後に歯磨きをできる環境ではありません。

仕方なくですが、食事の時間と休憩時には無糖のお茶や水を飲むようにして、口の中をなるべく清潔にしているつもりです。

それでも、帰宅後、最後の歯磨きをして、このオリジナル歯ブラシで、親知らずと奥歯の間のポケットを掃除して、歯ブラシのニオイを嗅いでみると、少し匂います

仕事中に、お茶や水で、口をすすいでも、豚肉のカケラや、アーモンドのカケラが挟まると取れません。

だから、この改造歯ブラシを使うことは必要です。

虫歯にならないためにも、虫歯の進行を遅らせるためにも、そして口臭で嫌われないためにも。

でも、いちばんオススメするのは、歯医者さんに行って相談することです。

「抜いたほうがいいですよ!」と言われれば、諦めもつきますし、将来の歯並びのためにもいいでしょう。

でも、私は行けないんですよ。あー怖い!

関連記事
ひどいニキビの跡で後悔する前に皮膚科へ!早く行くべき(涙)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする