アダムスコットのユニクロのゴルウェアを見て思うこと

ゴルフウェアも時代によって変わって来ています。これからも新しいものと、古いものが組み合わされていろんなファッションが流行っていくでしょう。現在はユニクロ(UNIQLO)がゴルフウェアとして市民権を得ています。

そんなゴルフウェアについて、ファッションには、てんで疎い男が、無い知恵を振り絞って評論してみたいと思います。

どうか少しのお時間、お付き合い下さい。

スポンサーリンク

ユニクロのポロシャツでプレイするのが、ちょっと恥ずかしかった時代

これは、ただ私が、見栄っ張りなだけなのかもしれませんが、今から随分とむかし、2003年前後、私はかなりの貧乏にも関わらず、ゴルフがしたくて、楽天GORAで安くプレイできるゴルフ場を探してなんとかギリギリの経済状態でプレイしていました。

ゴルフ場に行くのも、いつもゴルフ仲間の車に便乗です。

『ユニクロ』のポロシャツに『無印良品』の黒いスポーツバッグという組み合わせが私のゴルフのコンビネーションでした。当時この組み合わせはかなり…でしたwww

ゴルフをプレイしたいが為に、ウェアやグッズにはお金を掛けられなかったのです。

ユニクロの印象はどちらかと言えば、「家着」のイメージで、ワンシーズンだけ持ちこたえてくれればOK。という感じ。(あくまで個人的感想)

シャツも数回洗濯すると、もう襟や袖口の折部分がほつれてくる。売る方も買う方も、それを承知の上のアイテム。…あくまでイメージです。(もひとつごめん)

クラブハウスのカウンター前のベンチに一旦みんなと一緒に荷物を置く時、一流ゴルフメーカーのロゴが輝くスポーツバッグ達の横に、少し小ぶりなロゴのない黒いバッグがなんとも見窄らしく感じたのでしたwww

(無印良品は私の救いの手だったのです。無印良品最高!)

なに!アダム・スコットがユニクロだと!

時は流れて、現在、プロゴルファーのアダム・スコットが堂々とユニクロのウェアを着て、世界で戦っています。共同開発にも関わっています。

名無しのユニクロのポロシャツで、仲間とゴルフするのが、ちょっと恥ずかしかった時代が、もう遠い過去の思い出になろうとしています。

アダム・スコット選手との契約は、ユニクロのブランドイメージをアップする効果としては成功だったのではないでしょうか。

アダム・スコットの映像を見ていると、右胸に「メルセデス」のロゴ、そして左胸に「UNIQLO」の赤いロゴマークが付いています。

店頭や、紙袋についた、あの赤いロゴマークを見ると、デザインとしてなかなか良いと思わせます。

しかしなぜでしょう、アダム・スコットの左胸に付いているユニクロのロゴが、なんだかダサく見えませんか?(ユニクロさんゴメンなさい)

なぜ、胸のマークが少しダサく見えてしまう?

お前がファッション語るな!と言われてしまいそうですが、やっぱり、アダム・スコット選手の胸の「ユニクロ」ロゴが、変に思えてしまう。

その原因を考えてみると…。

ロゴが中途半端にデカい!そして四角い!

ユニクロをアピールすべきなのは分かりますが、ワッペン?が中途半端に大きいので、無理矢理感があってカッコよくない。と思うのは私だけでしょうか?

そしてユニクロのロゴマークは、白地でこそセンスが伝わる。青地や黒地にあの赤い四角いマークでは、本来のロゴのモダンさを消してしまっているように思えます。

ワンポイントで胸元に小さくつけたほうが、逆に、「あの胸のマークは何?どこのメーカー?」などと、アダム・スコットのオフィシャルホームページを訪れるケースが増え、その流れで、ユニクロのページに入ってくるというほうがブランドイメージとしてはいいのでは?

ウェアのロゴ?それともスポンサー?

アダム・スコットや錦織選手のシャツの胸に付いているあのデカいユニクロのマークは、F1レーサーやバスプロ(バス釣りのトーナメンター)のウェアのように、スポンサー広宣伝目的で貼られていて、「私のスポンサーはこの方々です。」という感じで、格好良さをあまり考えていないように私には感じられるのです。

つまり「このウエアがユニクロです。」ではなくて、「スポンサーはユニクロです。」に見えてしまう。

本来は、「このウエアがユニクロです。」をアピールするなら、かっこよいマークが胸に付いてなければと思うのですが、どうでしょう。

あくまで私見です。

元々ユニクロは、どこのブランドか分からないのがコンセプトでしょうからこうなっちゃったのでしょうね。

私達日本人はすでに、低価格帯ブランドのイメージがついてしまっていますが、もしかしたら外国の人達には、少し大き目のあの赤いロゴマークに違和感を感じないのかもしれません。

とはいえ、アダム・スコット選手と錦織選手は、十数年前のゴルフ場でのちょっと胸を張れなかった私の感覚をなくしてくれました。ありがとうユニクロ、そしてアダム。

『無印良品』はスポーツと契約している?

そしてもう1つ、『無印良品』の小さなスポーツバッグでゴルフに参戦していた私の恥ずかしさを払拭してくれるのは、無印良品がプロスポーツ選手と契約して、その選手が活躍してくれる事です。

では、実際『無印良品』はプロスポーツ選手と契約しているのでしょうか?

『無印良品』は『MUJI』として海外展開し、好評価を得ています。

そこで、私からの提案です。

『MUJI』よ! プロスポーツ選手と契約しなさい!

例えば私の妄想…

こんにちは!『無印良品』ウェア契約プロのタイガーウッズですwwww
ナイキを離れたタイガーウッズは、ウェアからバッグまで『MUJI』‼︎を使うコトになりました。

もし、こんな事が現実になれば、私のゴルフ場での恥ずかしかった思い出が、全て打ち消されるでしょう。

ありがとう!ユニクロ、そして無印良品。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする