元卓球部員は楽しい素人卓球をぶち壊してはいけません

部活などで、少しでも卓球を真剣に取り組んだ元卓球部員の人なら、分かる感覚だと思いますが、何かの拍子に、社員旅行の温泉卓球や市の体育館などで、未経験者に混ざって卓球をやる場面に出くわしてしまった時の小さな驚きと戸惑い。

スポンサーリンク

卓球は素人と経験者との差が激し過ぎて…

卓球経験者にお尋ねしますが、一般人の方々って、マジな卓球を見る機会が少ないのだな〜って事をひしひしと感じる事ってありませんか?

それでも、一昔前と比べれば、福原愛選手や石川佳純選手のおかげもあってか、テレビで世界レベルの卓球選手のプレイを見る事が出来るようになりました。(一昔前はテレビ中継は1年に1度でした)

とはいうものの、そんな一般人の方々も、いざ自分がプレイするとなると、ポコ〜ン、ポコ〜ンと緩く打ち始めますよね。「テーブルテニス」というより「ピングポング」って感じの。

一般人で、経験者が見せるような、ボールを打った後ラケットが自分の顔の前辺りを通るようなフォームを見せてくれる人は0%に近いです。

経験者と素人のお互いの気恥ずかしさが、卓球台の上に漂う

一般人の卓球(未経験に近い人)を見ていると、素人には素人なりの卓球の暗黙の無意識のルールがあるようです。

一般人卓球の暗黙のルール

  1. 卓球はラリーを少しは続けるものだ。(あるあるある)
  2. 回転はかけずにポコ〜ンと返す。(あるある)
  3. スマッシュはしない。(ふざけてスマッシュすると、あさっての方向へボールが飛んでいく)
  4. 点を取ったらふざけながら「サーッ‼︎」と叫び、お互いに爆笑する。

なんだか素人卓球の方が楽しく思えてきましたw

しかし、見ていると、中には、この人は運動神経いいなという人も見受けられます。

経験者も出来ないような(変な)フォームで全てのボールを無回転ショートで打ち返していたり(笑)凄技‼︎

この素晴らしく楽しい素人卓球に1人混ざる事になってしまった経験者。卓球部員だったことは誰も知らない。

元卓球部員のあなた、どうされますか。

この一般人卓球を見ていると、元卓球部員としては、もう全てスマッシュしたい衝動に駆られるワケですが、そんな事しても大人げないですし、楽しい卓球をぶち壊しにしてしまいます。

中途半端に卓球が上手い事は、この人達の憧れや尊敬の対象にならない事がちょっと虚しい元卓球部員。

  • 自分も素人のふりしてポコ〜んポコ〜ンと打ち返し、経験者とバレないようにその場を盛り上げるか?
  • いきなりオールスマッシュで、場をぶち壊すもよし!
  • それとも、卓球教室を始める?「打つ時はボールに前進回転をかけて〜」などとやってウザがられ〜

おいおいおいおい、なにひとついい事無いやないか‼︎

結論

元卓球部員は素人卓球には混ざらないように!

関連記事
●自分の娘、息子を福原愛ちゃんや石川佳純ちゃんのような選手にするには
●卓球について、今までどう変わってきたのか!昭和卓球部員の解説

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする