納豆とネギの血液サラサラ効果で快適な人生を!

納豆ご飯

長ネギを刻んで入れた納豆を食べ慣れてしまうと、長ネギの入っていない納豆が、何か物足りなくてしょうがないのです。

長ネギの辛味の成分がそう感じさせるのでしょうか?

そして、この納豆と長ネギの組み合わせは、ただ「美味しい」というだけではない、スペシャルに健康を増進させるペアなのであります。

スポンサーリンク

長ネギを入れない納豆なんて「クリープを入れないコーヒー」みたいなもの

長ネギがない時、試しにワサビを入れてみたけれど、ん〜 何かが違います。

昔、コマーシャルで、「クリープを入れないコーヒーなんて」というコマーシャルのキャッチコピーがあったのを覚えていますか?

「違いの分かる男のクリープ」。

コーヒーにはクリープなら、納豆には長ネギです。

長ネギ刻んでいれるだけで一緒にいるものがぐっと引き立ってきます‼︎ 

侮れない奴ですね ‼︎

長ネギと納豆の効果で健康増進

長ネギにはアリシンという物質が含まれていて血液をサラサラにする効果があります。

納豆にも長ネギに負けず、血液サラサラ成分が含まれている。

その名も、『ナットウキナーゼ』。こちらは血栓を溶かす物質です。

そして骨にも良い『ビタミンK』

ビタミンKは、血を凝固させて出血を止めるのにひと役かっています。

溶かしたり固めたりどちらにも有効とは恐れ入りました。

そして比較的リーズナブル

私の体の何パーセントかは、納豆で出来ている。…かもしれません。納豆には感謝の気持ちしかありません。

関連記事
ひどいニキビの跡で後悔する前に皮膚科へ!早く行くべき(涙)

納豆発電は可能か?

パックに入った納豆を冷蔵庫に仕舞い忘れたまま、帰宅した時パックを触ると、軽く熱を帯びているのは何故でしょう。教えてください‼︎

納豆菌が発酵する時に熱を出すのかもしれませんね。

近い将来に納豆発電が出来たらノーベル賞貰えるかもしれませんよ。

誰か研究してください‼︎

関連記事
発毛の方法を研究開発してノーベル賞を取ろう

日本人と発酵食品との強い関わり

納豆パックについているタレ、あれは醤油とは何が違うのですか?あれは醤油じゃないのですか?

調べてみるとたんなる醤油ではありません。いろんな添加物が入っています。私は単なる薄口醤油だと思っていました。

高校時代の友人が言っていましたが、納豆に麺つゆを入れると美味しくなるそうです。

即ち、麺つゆ(蕎麦つゆ)は、納豆のたれに近い成分ですので、納豆のたれの代用になるというワケです。

麺つゆにはダシが入っていますよね。鰹だしは、知っての通り鰹節からとるダシです。

鰹節もカビによる発酵食品です。 麺つゆのベースになる醤油も発酵食品の有名選手ですね。

ということは、

納豆(発酵食品)
+
鰹だし(発酵食品)
+
醤油(発酵食品)

これは、彦摩呂風に言わせれば、

納豆かけごはんは 発酵食品の三重奏や〜

これに同じ発酵食品の「みそ汁」「ぬか漬け」を横に置けば

発酵食品のクインテットじゃ〜

というワケで、日本人は発酵食品に抱かれて生きてきたのですね。

関連記事
蕎麦のつなぎには何を入れる?

納豆を自分で作ってしまう人も

なんと、自分で納豆を作ってしまう人もいます。

海外暮らしの日本人や、これは珍しいですが、日本で納豆に魅せられた外国人が、自国に帰って納豆作りに夢中になるというパターン。

作り方は、意外に簡単。

茹でて柔らかくなった大豆に、既成の納豆を混ぜて、40度位で8時間程度待つだけ。

さあ!納豆好きなら作ってみましょう!

納豆を混ぜて作るのは邪道じゃ!というこだわりのあなたなら、

『納豆菌』で作ってみましょう!

納豆菌で作る納豆は、大豆以外にも別の豆や米などでも作れます。美味しいかどうかはべつとして…。

納豆が作れるヨーグルトメーカー 【楽天】

 

納豆菌で作るのにも納得出来ないという超自然派のあなたなら、

『稲藁(いなわら)』を使ってみましょう!

稲藁には天然の納豆菌が住んでいます。これぞオーガニック納豆!

納豆作りに使用する稲藁【楽天】

長ネギだって自分で栽培できるぞ

image長ネギこそは家庭栽培できる最も簡単な野菜ではないでしょうか? 鉢に土を入れて種を撒くだけ。

八百屋で買ってきた長ネギに、根が残っていたなら、根元から3、4センチネギを残して土に植えてみましょう。 数本植えて成長したら、食べるのに必要な分だけカットすれば、長ネギが再生して、また取れる。

ネギ栽培用品各種【楽天】

長ネギは冷蔵庫で保存した方が良い

先日、いつものように2パックの納豆に、長ネギを刻んで入れて、グリグリと練りに練って糸を引かせ、熱々のご飯にのせて口に運びました。

しかし、「んっ?」

なんだか、ビニールのような味がする?!

ネギが不味くなっている???

分かりました。

長ネギを、常温で部屋に置いておいたままだったのが原因です。

今回使った長ネギは、先の方を少し前に切って使っていた残りでした。

常温で置きっ放しにしていたら、ネギの中の部分の緑色の部分が成長して、外側の白い部分より伸びていました。

私は、「おお!ネギが増えている!いいじゃないか!」と喜び、今回、その先っぽの緑色と白い周りの部分を一緒に刻んで、納豆に入れたのでした。

それが、原因です。

なにか、養分なしで成長するという無理な行動をしたネギが、不味くなる物質を自ら作り出してしまったのか、ただ腐りかけていたのか。

冷蔵庫に保存しておくと、時間が経ってネギがしなっとしてしまっても、味は落ちません。

やっぱり、ネギは冷蔵庫にいれて、成長しないようにしておいたほうがよいでしょう。

自分で作った納豆に、自分で栽培して採れた長ネギを刻んで入れる。 それをご飯にのせて頂く幸せは、格別でしょう。

そんな、ゆるやかに流れる時の中で生活できたら最高ですね。

関連記事
●渋谷ラーメン王後楽本舗でノスタルジーに浸る
●竜田揚げが食べたいと思ったら、自宅で作る?それともオリジン?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする