アドセンスで収益をあげている人のブログの個別記事の検索順位は?

トレンドブログ 検索順位

記事をリライトしてみたり、タイトルのキーワードを変更して、記事内にの見出しにそのキーワードを入れてみたり…。

なんとか、誰も読みに来ない記事を復活させようと、悪戦苦闘している現状の私です。

ここで、嫉妬も混じった心から、こんなことを、思ってしまったのです。

俗にいう「トレンドブログ」や「資産ブログ」などで、例えばアドセンスの収益だけで、サラリーマンの給料を越えるほどのPV数を誇っているブログ主の話を読んで、

「ほんとか〜?かなり盛ってんじゃないのか〜?」

なんていう、ある種、負け犬の遠吠えのようなことを発してしまいそうになったのです。

スポンサーリンク

PVの多いトレンドブログの記事の順位を調べてみよう!

ブログのアクセスを集めるための方法を、インターネットで探していると、

ケタ違いのPV数とアドセンスの収益やアフィリエイト収入を得ているであろうブログの、ブログ名を管理人さん本人が公開していたりすることがあります。

「私はこのサイトで数百万円の借金を返済して、現在は車を数台持っています。」

なんていう人のサイトが分かるのです。

または、対談の動画で使っていたハンドルネームを、ご自分のブログでも使っていたりして、稼いでるブログが発見できたりします。

本当にこのブログで稼いでんのか?

という疑ぐりの気持ちと、彼らが本当に猛烈にPVを集めて、収益をあげているのなら、

彼らのブログの個別記事は、扱っているキーワードで何位ぐらいにいるのだろう?

という疑問が湧くのは当然の事です。

個別記事の検索順位の調べ方

自分のブログなら、グーグルサーチコンソールで、キーワードの順位を知ることができますが、他人のブログの検索順位を調べるにはまず、

ブログのトップページのURLの最初に

site:

をつけて、検索窓に打ち込みます。

すると、グーグルとヤフーにインデックスされているそのブログの個別記事タイトルが並びます。(グーグルのほうが、ヤフーより多くインデックスされている場合が多いです。)

個別記事のタイトルの付け方は重要なキーワードを左にして3語や4語の複合キーワードを入れるのが、一般に言われているタイトル付けの基本です。そして、2語や1語の検索結果でも上位表示を狙っていくという。

稼いでるブログでこれをやると、500記事とかインデックスされています。

やっぱり、有名ブログは記事が多いです。

ということで、「site:」検索でズラーっと出た、タイトル毎の、3語を書き出していきます。

インデックスされている個別記事を全て調べられれば良いのですが、1ブログで数百記事もあるとこれはしんどい。

書き出した3語キーワードをグーグルかヤフーの検索窓に打ち込んで、何位か、または何ページ目かを調べてみる。

何十万円も稼いでいるブログなんだから、どの記事も検索1ページ目にあるような高品質の記事なんだろうな!(嫉妬)

もし、多くの記事が、閲覧されにくい検索3ページ目や4ページ目以降なら、

この管理人は嘘付きだ!と言いたくなりますよね。

それか、逆に、

もし、3ページ目や4ページ目以降の検索順位ばかりの記事のブログで数十万円の収益を得ているのなら、

俺だってやれる!継続はチカラだ!

とも思える。

どちらのしても、答えが出るのだ。

さあ!やってみよう!

あるトレンドブログの調査結果

動画サイトなどで、名前を出している方のけっこう有名なトレンドブログで、100記事前後まで記事を書き、しばらく更新の止まっているブログの個別記事の各順位を調べて見ました。(サイト名を出してリンクするには、このダメブログが足を引っ張ってしまいそうなのでやめておきます。)

↑に書いたように、「site:」検索をして記事タイトルを全部書き出そうと思ったら、この方のブログには、ちゃんと「このブログの全記事タイトル一覧」という「htmlサイトマップ」がありました。

この全記事タイトル一覧をテキストコピーして、タイトル内のキーワード以外を削除してグーグルの検索窓にペーストして順位をしらべてみました。

では、発表です。

グーグルでの3語複合キーワードでの個別記事の順位は?

  • 1位 41記事
  • 2位 18記事
  • 3位 12記事
  • 4位 12記事
  • 5位 6記事
  • 6位 6記事
  • 7位 7記事
  • 8位 2記事
  • 9位 4記事
  • 10位 5記事

ここまでが、スマホではグーグル検索結果1ページ目です。

1ページ目に表示されるのは113記事

  • 11位 2記事
  • 12位 3記事
  • 13位 3記事
  • 15位 1記事
  • 16位 2記事
  • 17位 3記事
  • 18位 2記事
  • 19位 1記事
  • 20位 1記事

ここまでスマホで検索結果2ページ目です。

2ページ目に表示されるのは18記事

  • 21位 1記事
  • 23位 1記事
  • 24位 1記事
  • 25位 1記事
  • 26位 1記事
  • 27位 1記事

ここまでスマホで検索結果3ページ目です。

3ページ目に表示されるのは6記事

  • 31 位以下 23ページ

※誤差とキーワードの拾い方に間違いがあるかもしれません。

調査を振り返って

調査するに当たって、複合キーワードの3語目がどれかイマイチ分からなくなってしまったタイトルもありました。

重要なキーワードを左から入れるという、みなさんも知っているセオリーはありますが、28文字程度が適切とされている、タイトルの文字数では、3語目が後ろの方にあったりするので、4語目もあるのか、そこらへんが、タイトルだけでは判断できないものも正直ありました。

ということで、多少の誤差はありますが、結果は上のようなものになりました。

管理人さんは、このブログで数十万のアドセンス収益をあげています。

157記事中、3語キーワードで41記事が1位です。

これが、2語で検索するとどれだけ順位が後退するのかまでは調べられませんでしたが、このぐらいは3語キーワードで1位の記事を持っていないと、数十万の報酬にはならないことが分かりました。

スマホ(私のiPhon5の場合)では10タイトルが検索結果1ページ目に表示されるので、

157記事中、3語キーワードで113記事が検索結果1ページ目です。

全記事中の約72%が、3語キーワードで1ページ目に表示されています。これは、驚異的に感じられます。

こうならなければ、数十万のアドセンス報酬は得られないのです。

きっついな〜これは。

書き忘れた大事なこと

大事なことを、最後に書くのは、トレンドブログのライティングの基本に反していますが、こうなってしまってすいません。

その重要なこととは、今回調査したブログの管理人さんは、

キーワードの2語目までを、『グーグルトレンド』でグラフが出るものだけを主に選んでいるのです。

つまり、検索ボリュームが、ある程度多いキーワードを選んでいるのです。

検索ボリュームが大きくて、ライバルブログが少ない、またはライバルブログが弱い複合キーワードを探して、この結果を出しているのです。

私も、少しでもこの数字に近づきたいです。

自己流で始めたので、私のブログ記事の約半分は誰も検索で読みに来ません。(涙)

あなたも、わたしも、やり方、そして心を入れ替える時かもしれません。

関連記事

●100記事書いてもPVが増えないこのブログの欠点を検証

●大学の奨学金を返せないならアドセンスのブログをやりなさい2

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする