花火大会はアルバイトの警備員で参加しよう

知っていますか?

夏には、警備員のアルバイト求人募集が沢山あることを。

なぜかというと、夏には警備員が大量に動員される、花火大会が各地で開催されるからです。

スポンサーリンク

花火大会に警備員として参加しよう

あなたは、東京近辺の花火大会に行ったことがありますか?

行ったことがある方はご存知だと思いますが、沢山の警備員があちらこちらの街角に立っています。

河原にも、踏切の脇にも…。

夏休みのアルバイトとしての警備員

警備員が割りのいいバイトかといえば、そうではないかもしれません。

初めての警備員のバイトなら、数日の新任教育を受けなければいけません。(新任教育でも賃金が払われます。)

※2020年の東京オリンピックは延期になってしまいましたが、このオリンピックに於ける警備員不足を避けるためか、新任教育の時間が短くなりました。

現行

「基本教育15時間以上・業務別教育15時間以上の年間計30時間以上」

から

「基本教育と業務別教育を合わせて20時間以上」

に教育時間数が削減になりました。

現在、日本の就業率が一時期と比べると随分と上がっている状態です。

各業種の求人率も上がり、賃金も幾分上がっています。

この現在の状況で、あえて警備員を、フルタイムでの職業に選ぶ人の数が減っています。

他にも割りのいい求人が出てきているのが原因です。

という理由もあり、警備業界では、やや人手が足りない状態です。

従って、副業や学生のアルバイトでも歓迎しています。

そんな状況ですので、夏の花火大会の日だけでもいいから、人員が欲しいという警備会社はけっこうあるのです。

夏の間に数日間だけ、アルバイトをしたいと思っている方には、警備員という選択肢も考えてみると良いでしょう。

花火大会での警備員の仕事内容

花火大会での警備員の役割は、交通誘導雑踏警備となります。

花火大会に来られる人々に、快適に過ごしていただけるように、大会の決まりごとを守って頂き、イベントを円滑に進めることをサポートするのが仕事です。

花火大会での警備員の仕事内容は

  • 進路の案内
  • 会場の案内
  • 進路途中で立ち止まったり、道路に座って花火を鑑賞し始める人へのお声掛け
  • 通行止め区域に車や人が入らないように立哨し、監視する。
  • 横断歩道での危険を防止する。
  • 電車の踏切から線路内に人が入らないように監視する。
  • 場所が分からない観客に尋ねられるので、行き方を説明する。
  • 不法な駐車をする観客への声掛けや駐輪場の場所の案内。
  • 危険区域への観客の侵入を防ぐ。
  • 花火大会終了後に、いつまでも会場に残って騒いでいる観客を退場させる。

など、他にもいくつかの仕事があります。

どのようなポジションに配置されるかは運ですが、夏休みだけのアルバイトの警備員には、それほど難しい役割りは与えられませんので、心配することはありません。

警備員がしてはいけないこと

警備員は警察とは違いますので、警察類似行為はしてはいけません。

従って、花火大会のような場所では、

  • 一般の人から、落とし物を預かってはいけません。

交番か近くにいる警察官に持っていくように拾い主に説明します。

  • 腕力を使った行為も絶対にしてはいけません。
  • 一般人との口喧嘩もしてはいけません。

酔客の中には、信じられないような悪ふざけをする人間もいます。

困った時には、まず自分の配属されたグループの隊長さんに連絡して判断を仰ぎましょう。

花火大会には、本当の警察官もたくさん動員されますので、近くに警察官が入れば、対処をお願いします。

警備員のアルバイトをチェック【タウンワーク】

※警備員は、花火打ち上げ時間よりも、ずっと早く、お昼ごろから現地に集合して準備をし、現場にそれぞれ配置されます。

※2020年はコロナウィルス騒ぎで、各地の花火大会は、ほぼ中止になってしまいました。

世の中が通常の状態に戻れば、また警備員も大量に必要とされる時が来ると思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする