ポール・マッカートニーのライブの思い出と、飛鳥(ASKA)との不思議な繫がり

2014年、ポール・マッカートニーの日本公演が中止になったとき、ポールマッカートニーの過去の事件を思い出しました。

そしてまさか同じ日に、あの真面目な剣道少年だったチャゲアスのASKAが逮捕されるなんて…。

そういえば、ASKAは、ポール・マッカートニーの大ファンで交流があったよな。

ん?もしかして…。ポール、感づいたか?

なんて考えてしまったのは、私だけではないはずです。

スポンサーリンク

天才ふたりが近所に住んでいた奇跡

ご存知、ポール・マッカートニーとジョン・レノン、ジョージ・ハリスンも含めれば、これらの天才ミュージシャンが同時期に近所に住んでいたという事実は、本当に宝くじか、totoBIGにでも当たったかのような奇跡にに近い出来事ではないでしょうか。

日本で言えば、かぐや姫の南こうせつさんと伊勢正三さんが同じ高校の合唱部で出会った奇跡と同じような感じでしょうか。(神田川vsなごり雪)

関連記事
伊勢正三さんのコンサート初参戦の思い出1987年11月3日

スケールが違いすぎるって?数曲の著作権料で一生安泰なのに、精力的に活動しているってところは同じですwww

1993 NEW WORLD TOURのポール・マッカートニーの東京ドーム公演の遠い思い出

当時のポールを見て随分老けたなあと思いましたが、(当時のポールは51歳)私も数年で当時のポールの歳に追いついてしまいます。

あれから22年も経っているなんて… ポールも73歳。

WHEN I’M SIXTY-FOURを随分と超えたポール。

この曲の歌詞のように、ポールの髪は無くなっていませんが、93年ツアー用事の写真を見ているとポールはもみあげが無い。??? 現在のポールの髪は本物なのだろうか?

パンフは世界共通?

ポール・マッカートニーの93年ツアーの時に買ったパンフレットは、バンド紹介もコラム記事なども一切入っていない写真でけのものでした。

もしかしたら世界共通版なのかもしれませんが、なんだかボラれた気分になりました。

このツアーの少し前に行った、ジョージ・ハリスン with エリック・クラプトン and ヒズ・バンド、ライヴ・イン・ジャパンのツアーパンフレットが記事満載だったので余計に手抜き感が拭えず。

公演中止への邪推

2014年、5月17日ポール・マッカートニーの国立競技場での公演が急遽中止になりました。 この日はCHAGE and ASKAの飛鳥 涼(ASKA)が薬物事件で逮捕された日でもあります。

この偶然に私は変な邪推をしてしまいました。 知っている方もいると思いますが、飛鳥 (ASKA)はポール・マッカートニーのファンでした。

テレビの企画で飛鳥 (ASKA)はポールに単独インタビューし、さりげなく曲の共作を持ち掛けましたが、逆に、さらりとポールに断られていました。

関連記事
インタビューを受けるコツを覚えれば怖いもの無し

そんな飛鳥が薬物で逮捕された同日、過去に同容疑で成田空港で逮捕されたことのあるポールが急遽公演取り止め。

もしやポール、何かを察知した?ドクターが気を回した?

それとも警察が大事にならないうちに手を打ったか? これは私の勝手な想像&妄想です。 2015年日本公演は無事に終えたポール・マッカートニー。

日本武道館でのライブの模様はスカパーで放送されました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする