重複コンテンツをチェックしてnoindex にしてみた初心者(私)

ここに書いた文章は無料ブログ(忍者ブログ)で、ブログを始めて半年くらい経った頃、アクセスがなかなかなくて、原因は重複コンテンツにあるのではないかと疑って、もがいていた頃の記事です。

無料ブログでは、1つに記事につき、複数のurlができてしまうので、その重複コンテンツをチェックして、ひとつのURLだけが表示されれば、ペナルティーも回避され、検索順位も上がるのではないかと考えました。

現在は、ワードプレスにブログを引越ししました。

ワードプレスにしてからは、ほとんどhtmlなどに手を加えることに興味がなくなってしまいました。これは、ワードプレスの数少ない弊害です。(しかし、有り余る利点がありました。)

無料ブログの未完成なテンプレートをああでもないこうでもないと、本を読みながらhtmlを勉強したのは、今にして思えばとても良かったとと思えます。

無料ブログでブログを始めるメリットは、実はこれに尽きるのではないか?そんなことない?

重複コンテンツの扱いについては、今現在でも、頭の中で把握しきれていませんが、バカの思い出話として読んでみてください。

なにか、あなたのヒントになるかもしれません。

スポンサーリンク

重複コンテンツをチェックしないまま半年がすぎていた

無料ブログを利用していると、ひとつの記事で、

  • トップページからナンバリングされたurl、
  • カテゴリからナンバリングされたurl、
  • 個別記事ページのurl、(はてなブックマーク利用時にurlをはしょられないように、後からアルファベットで打ち直しています)
  • エントリーNo.のついたurl。(忍者ブログ内の、ツイッターへの投稿サービスを使うと、このurlをツイッターへ表示します)

私が把握しているだけでも、ひとつの記事で、これだけ別のURL。(忍者ブログの場合です)

これらは、俗に言う「重複コンテンツ」だと認識したのは、恥ずかしながら、つい数日前。

半年とちょっとの間、チェックもせずに、気にも留めていませんでした。

検索結果と違うページが表示されるメインページとカテゴリページ

私は、ブログを1記事書き終えたら、ウェブマスターツール(現在のサーチコンソール)の「Fetch as Google」で個別記事のurlをリクエスト申請しているのですが、自分の過去の間違いか、それともグーグルの判断なのか分かりませんが、個別記事ページではなくカテゴリページの方が上位にインデックスされている事があります。

しかし、そのカテゴリーページには、お目当のページは出てこないという…。

そりゃそうです。カテゴリに記事を追加するたびに、いちばん新しい記事のurlのナンバリングがpage1になるのだから、その度にカテゴリurlのナンバリングはずれていきます。

キーワード検索して私のブログに来てくれた方は、読みたかった記事のいくつか先の記事が表示されていたかもしれません。ごめんなさい。

トップページを一番古い記事になる順番に表示設定すれば解消されますが、それではなんだかなぁ〜。

追記)↑無料ブログの提供するテンプレートをそのまま使うと、こんなことが起こってしまうこともあります。

まあ、こういうことを経験する事も「気づき」という勉強なのですが。

当該ページがインデックスされず…原因は低品質ページ?

ある記事Aを書いたのですが、最近、その記事Aのタイトルで検索してみると、記事AはSEOチェキで確認してみるとインデックスされているものの遥か圏外で、なぜか、別の記事内のサイドバーに出ていた「新着記事」のAのタイトルを検索が拾ったらしく、そちらの記事の方が、当該記事より優先されて検索結果に初めに出てくる始末。

そのサイドバーにあった新着記事Aのタイトルもすでに新しく書いた別の記事に入れ替わっていて、検索結果にでた記事を開くと、当該記事Aのタイトルの跡形もありません。

これでは、記事を読みに来た人に失礼ですよね。

そして、この記事Aを、グーグルが低品質と判断を下したという事も補足的に判明したのです。悔し〜。

ここで分かった事(憶測です)

記事タイトルでそのまま検索しても、1ページ目の一番に表示されない、または、同ブログの他のページや個別記事意外の重複記事が最初に表示される時は、その記事は低品質のコンテンツとグーグルから見なされたという事らしい。(まだインデックスされていない可能性もあります。「SEOチェキ」などで確認が必要。)

従って、その記事に手を加えて価値のあるものに昇華させる、もしくは削除する必要があるようです。残念〜。

しかし、私のブログ、沢山の重複コンテンツがあるにもかかわらず、ウェブマスターツールには何のメッセージも来ません。

低品質な記事ばかりで記事数100にも届かないアクセスの少ない無料ブログでは、ウェブマスターツールもお相手してくれないという事でしょうか。

追記)低品質記事ではサーチコンソールにメッセージは来ないようですね。)

SEO情報によると、グーグルの検索アルゴリズムが、重複コンテンツから勝手にひとつだけチョイスしてインデックスするらしいのです。だから何のお知らせもないのかな。

そうはいっても、この重複コンテンツをチェックして整理するとSEO効果があるようなので、たとえ無料ブログであろうともこれを整理せねばなるまい。

htmlを全く理解できていないのですが、他のブロガーさんの提供するhtmlタグを挿入して、トップページと個別記事以外はインデックスされないようにnoindexにしてみたつもりなのですが、合っているのか、凶と出るかブルブル。

それにしても、なんで無料ブログが提供するブログテンプレートはhtmlを未完成にしてあるのでしょう?

パンくずリストが無かったり、重複コンテンツ出来まくりだったり、個別記事のタイトルがh1になっていなかったり…。

ワザとか?ワザとなのか?

最後は自分でチェックして、勉強して完成させろってことなのか!?

違う記事同士でも内容が近いと重複コンテンツとみなされる。

ここでは、同じ記事に複数のurlができることを重複コンテンツと考えて記事を書きました。

もう1つの考え方は、コピーコンテンツではなくても、同じブログ内に、全く同じ内容で別記事を書いてしまったりすることも、何百記事も書いていると気づかずに起きていたりします。

グーグルのアルゴリズムの能力か、グーグル社員の目視なのか分かりませんが、これも重複コンテンツと見なされるらしいです。

ここは、今の私には判断が難しいです。

そのような記事は1つにまとめたほうが良さそうです。

関連記事
検索順位を上げるには無料ブログで良い記事を書いてもダメなのか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする